夢想月
言葉と写真を載せています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕暮れ
35


夕暮れが1日の幕を閉じていく中

目を潤ませた子犬が
足元にすり寄ってきた

おもわず抱き上げ
力いっぱい抱き締めた

僕らは生まれる場所を選べない

だけど幸せになることは平等だよ

月がキミの涙を照らす前に
一緒に帰ろう

寂しかったのは
僕だけではなかったね



Poem…「優しい月・優月」
Photo‥「Night Sea・海月」



ポチッとお願いします♪



※コメント・トラックバックの受付はしておりません。
 申し訳ございません。
 何かありましたら、メールフォームより
 お願い致します。

海月・優月

テーマ:心を奏でる - ジャンル:小説・文学



プロフィール

海月・優月

Author:海月・優月
FC2ブログへようこそ!



FC2カウンター



最新記事



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



カテゴリ



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。